寒さが身にしみる通勤

最近めっきり寒くなってきましたね。

海岸沿いの病院に勤務しているとなおさら寒さが身にしみちゃいます。

この時期になると毎年おんなじこと言っている気がするんだけどね。

夏は心地よい風でいい香りなんだけど冬になるとこんな場所で働くんじゃなかった...って思うんだよね。

もちろん院内は冷暖房があるから快適な温度ではあるんだけど一歩外に出るとすごいです。

寒さに強い人だったら全然平気なのかもしれないけど私はあんまり好きじゃないからねぇ...。

それでも今年の冬は暖冬だっていっているからそれを信じている私。

でもでも、すでにあったかいブルゾンにブーツ姿が欠かせません。

今年もまた何か新しい洋服がほしいなって思っているんだけどね。

 

冬眠したい看護師

日中はまだまだ暖かいけど朝晩はかなり冷え込むようになってきましたね。

もうすぐ10月も終わり、冬ですねぇ。

海の近くにある病院で働いている私は結構朝の寒さに辛さを覚え始めています。

看護師の仕事だから結構朝の出勤が早くて朝の寒さは...。

朝の気温にあわせて上着を選ぶと早く帰れる日なんかだと暑いです...。

この季節になると毎年熊やカエルのように私も冬眠したい...なんて思っちゃうんだよね。

寒さに弱いからついつい自分に甘いことを考えちゃいます。

だけど私の場合お腹がすいて冬眠なんて絶対無理だろうね...。

まじめに考えると冬眠する動物ってその間中何にも食べずにただただ眠っているだけなんだろうからかなりお腹すくだろうね...。

いったいどんな構造してるんだろう。

 

寒い季節が...

海岸沿いの病院勤めがすがすがしいと思える季節が終わっちゃいました。

これからはどんどん寒くなってくるんですよねぇ...。

看護師になって一番嫌いな季節が冬かもしれません。

もともとそんなに寒さに強いわけじゃない私だけど海が近いとどうしても寒さが...。

通勤にはオシャレな服装なんてまったく気にもせずただひたすら防寒重視です!

さすがに院内にいる時はそんなに寒さを感じないんだけどね。

夏はとっても気持ちがよかったのに...そんな風に考えると気持ちのいい季節ってほんのわずかしかないんだよね。

もしもいつの日か転職することがあったら今度は海に遠いところに行きたいな...なんて思っちゃいます。

まだまだしばらくはそんな予定ないんだけどね!

命を大切に...

毎日暑い日がこれでもかってくらい続いていますね。

だけど今年は早い時期から台風の発生があってなんだか変な感じですよね。

梅雨が明けたというのに台風の影響なのか長雨でじとじとしています。

私の働いているびょうんは海岸沿いだから本当は毎年今の時期すごく周辺に人が集まってきているんだけど今年は例年に比べてかなり少ないかな...。

台風発生だったり雨だったりで...なんだかちょっと寂しい夏って感じだね。

まぁ海を見ながらまったりと仕事...なんて看護師の仕事は甘くないんだけどね。

それでも仕事帰りに少し足を伸ばしてそんな周辺を眺めるのが好きなんだよねぇ。

だけど今年も水の事故が各地で多発していますよね。

海水浴やキャンプ...楽しいことが盛りだくさんの夏だけど事故には気をつけたいよね。

看護師を扱った小説

今、私は天童荒太さんの「永遠の仔」を読んでいます。
全部で5巻に渡る長編小説なのですが、内容の深さや謎への好奇心で一気に読み進められてしまいました。
主人公の優希は、老年科病棟の看護師をしているのですが、過去に大きなトラウマを抱えながら生きている女性。
それを支えようともがく、2人の幼馴染の男の話です。
この小説ではアルツハイマーや痴呆のある老人の話がよく出てきます。
看護の仕事の内容にも多く触れられていて、本当に厳しくて忍耐の必要な仕事だろうと感じました。
とにかく、患者の話に付き合うことや、母親のように安心させるような対応をする必要があるのです。
中には看護師の優希を本当の母親と勘違いし「おかあちゃん」と呼んで甘えたり、慕う患者の様子も描かれています。
もちろん他の科の看護師の仕事内容はもっと違うのかもしれませんが、看護師としてどのように患者に尽くすことが大事なのかを垣間見られた気がします。
主人公の看護師は不自由な生き方をしているので、理想通りにはいかないことも多い。
しかしこの、看護の仕事をしているからこそ心の安定を保てていた部分もあるのでしょう。
小説の本質的なメッセージは別にあるのですが、看護現場の様子についても感銘を受けた作品です。
別の知り合いで美容外科の看護師がいるんですが同じ看護師でもまるで別世界でした。

「卒婚」どう思う??

最近流行りつつある「卒婚」、みんなはどんな風に思いますか?

タレントの清水アキラさん、俳優の加山雄三さんが卒婚を発表してますよね。

夫婦が夫婦であることをやめる?!

夫婦でありながら一緒の家に住み、同じ生活をすることをやめる...。

私はそんな風になりたくないって思っちゃいます。

もちろんお金があるからそういうことが出来るわけだろうけど、私はかりにお金があったとしてもそんな生活をするのは嫌だな...。

この間看護師仲間とそういう話題になって結構いろいろ議論しちゃったんだけど私と同じ意見の人って結構少ないことにビックリ。

いろいろな考え方の人がいるからどれが正解だとかどれが間違ってるなんてことはないんだろうけどね...。

 

 

 

薬剤師になってからも日々勉強

薬剤師になってから3年が経ちますが、毎日学ぶことが多く、日々勉強だなと実感します。
将来的には企業薬剤師の求人に応募したいから勉強していかないといけません。
学生の頃は勉強が嫌いでしたが、薬剤師になった今は自分の中に知識が蓄えられるのが楽しくて、暇があれば本を開くようになりました。
私は製薬会社の薬剤師として勤務しているのですが、新薬の開発などに追われて、会社で寝泊まりすることも少なくありません。
彼氏と同じ会社で薬剤師として同じチームにいるので、さみしくはないのですが・・・。
たまにのんびりとデートに行きたいな~と思います。
水族館とか美術館とかをのんびりとまわりたいです。
映画も久しく見ていないので、映画館に行くのもいいな~。
カラオケは私音痴なのであまり行きたくないな。
行くとしたらヒトカラがいいです。
下手な歌を聞かせて幻滅されたくはないですので(笑)
ヒトカラは選曲も自由にできますしね。
人と一緒だと昔流行った歌などを選ばなくてはいけませんが、ヒトカラだとインデーズのバンドの曲なども歌い放題ですし。
あ~。ヒトカラ行きたくなってきた。
デートも行きたいですが、今はヒトカラで思いっきり歌ってストレス発散したいです。
来週休み取れたら久々に2時間くらいヒトカラいこうかな~。
それか会社帰りか。

お給料UP願望

最近寒いので、海沿いの人もめっきり少なくなりました。
サーファーさんたちは今は冬眠の時期なのかな?冬は何をして遊んでるんでしょうかね。
あ~あ、私も遊びたい!豪遊したい!(笑)
看護師ってとても大変なのに、どうしてこんなお給料なんだろう~...
たまに悲しくなる時があります。
アベノミクスってなんだ?誰か得した人、いるのかしら?(笑)
看護師のキャリアアップの道はたくさんありますけど、
たとえば昇進して役職がついてもね、病院の経営方針と後輩看護師ちゃんたちに挟まれて大変な思いをするのが目に見えてるんですよねぇ。
管理職手当なんて雀の涙ですから...。
ドクターは一般的に高給取りと思われていますが、実際はピンキリですからねえ。
薬剤師さんはというと、初任給が高いことで有名ですが、実は昇給があんまりないんですよ。
給料を上げたいなら、それこそ管理職になるか、条件の良い職場に移るしかないみたいですね。
製薬会社などの一般企業に入ると、休日もしっかり取れるし条件もいいらしいですが。
調剤一筋の人が一般企業に行くのは、なかなか大変そうですよね。
この間、知り合いの薬剤師さんが、給料を上げるために転職しましたよ。管理薬剤師のポジションだそうです。
遊んで、貯金できるお給料をもらうにはどうしたらいいのかなあ~(贅沢っ)

この季節はニートになりたい

最近めっきり寒くなってしまいましたね。

海岸沿いの病院ってすてきだなっていつも思っているんだけどこの時期にはちょっと寒さが身にしみてしまいます。

とはいっても看護師ってほとんど院内で一日を過ごすから仕事をしている時はあんまり寒さを感じることはないんですよね。

だけど仕事を終えて帰宅する時には一歩病院を出ると寒さが急におそってきます。

そういう瞬間はこんな病院に勤務するんじゃなかった...なんて思っちゃいます。

もともと寒いのが大嫌いな私だからね...。

出来ることなら熊のように春の温かい季節がやってくるまで冬眠していたいくらいです。

人間も冬眠することができたら本当にいいのになって今まで何度同じことを考えたかわかりません。

この時期だけニートになろうかしら...。

 


そういえば...最近、転職活動が流行っているということで素朴な疑問を抱いたのでその話でもしていきたいと思います~。看護師の話ではないんですが。
私の身の回りでも、転職するって子増えてるんだよね。
中には職場の環境に悩んでいるとか、上司の圧力がひどいとか、そういうシリアスな理由で転職を決意する人もいるんだけど。
やっぱり最近はどっちかっていうと、「自分を高めるために転職する」って人が多くなってるなあと思う。私の身の回りの人たちが特殊なのかもしれないけどね(笑)

まぁ、だいぶ話がずれてしまったので戻しましょう...。
私が抱いた素朴な疑問っていうのは、「転職しやすい年齢ってどのくらいまでなんだろ?」ってこと。
できることなら転職活動って年齢気にせずやっていきたいものだけどさ、どうしても年齢って企業側とかからも気にされるものじゃないですか。
自分が「まだまだいける!」って思ってても、企業側から「その年齢ではちょっと...」と言われてしまったらそれまでなんだよねえ...悲しいことだけれども。

だからとりあえず、その辺のラインっていうものを軽く調べてみました。
そしたらね、どうやら基本的に企業側が理想とする人材の年齢は大体25から35くらいまでになるみたい。
つまり、この年齢が一番転職しやすい年齢って言えるのかもしれないね。

転職活動をスムーズに進めていくためには、できるだけこの年齢のうちにやっておくのがいいのかもしれません。
この間に自分の気が済むまで転職活動をして、自分が楽しんで働けるような職場を見つけるのが理想と言えるでしょうね。

とはいえ、企業によっては40代の人でも結果次第では採用するってところもありますから、完全に諦めてしまうのは勿体無いのかもしれません。
とりあえず転職を考えている人は転職サイトを利用してみるのが一番なんじゃないかな。
年齢について不安があったりするのであれば、得に。
そこで担当者に相談とかすれば、きっと年齢に左右されないような求人情報とか、紹介してくれるかもしれないですよ~。

例えば30代歓迎のゲームプログラマーの求人なんてのもあるんですがまあ基本は能力あれば問題ないというのも極論としてはあるのかもしれないですよね。
力があれば40でも50でもいけそうですよね。孫正義が転職してきたら基本めちゃくちゃな給与じゃなければ年収1000万とかでいいとか言えば雇用されるんでしょうしw

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク