病院近くの海が...

にぎわっていた海も不思議なくらい落ち着いてきました。

やっぱりお盆を過ぎると人が少しずつ減ってきますね。

それと同時にゴミも減っていきます。

海に近い病院で看護師の仕事をしている私は働き始めるまで

海がこんなにも汚いものだとは知らなかったんだよね...。

海自体が汚いってことじゃなく、あまりにも海を訪れる人たちがゴミを放置して帰っていきすぎている...。

今までそんなこと気にしたことも無かったけど最低だよね。

きれいな海で自分達の好きなだけ遊んでゴミだけはほったらかして帰っていく。

大人が...子供を育てる大人がそんな風だから子供達はそんな大人を見習って同じようなことをするようになるんだよね。

自分が結婚して子供が出来て...その時はしっかりとそういうマナーを守らせることを第一に育てていきたいなって思っちゃいます。

私が医師を目指した理由

私には大好きなおばあちゃんがいました。
おばあちゃんはいつも私を可愛がってくれていたのです。
忙しい母に代わり、ご飯から病気の時の看病まで本当にいろいろとお世話になりました。

そんな大好きなおばあちゃんは私が中学生になる直前に亡くなりました。
末期ガンでした。私は泣きました。
世界が終わってしまったのではないかというくらい泣きました。
自分の一番の味方がいなくなってしまった寂しさ...
私はその時どれだけおばあちゃんを愛していたのか知ったのです。

確かそれからだったと思います。私が医師になろうと思ったのは...
人は誰でもいつかは死にます。それは仕方のないことです。
でも愛している人には少しでも長く生きていて欲しいじゃないですか。
私はそのお手伝いがしたいと思ったのです。

そして中学生になって私は医師になる為に猛勉強を始めました。
大学の医学部は超難関で3浪しましたけどね。
それでも諦めることが出来なかったのです。
私はおばあちゃんに何もしてあげることは出来なかったけど、人を救う医師になれば恩返し出来る...その一心でした。

内科にするか外科にするかは、後期研修医の時も悩んでいたいのですが、最終的には外科を選択しました。
いまでもその選択は間違っていなかったと思います。
ここ最近は、外科医を志す方が少なくなってきたみたいで、外科医の求人は需要が高くなっていますが。

こうして私は途中で諦めることなく医師になったのです。
これも天国にいるおばあちゃんのおかげだと医師の私は思っています!

寒さしらずの子供たち

まだまだこれから寒くなる日が多くなりますね。

今日から新学期、朝通勤途中に小中学生の輪を何度か見かけました。

私は海岸沿いを歩いていたんだけど子供たちの姿はこの寒い中かなり元気でビックリします。

みんな寒くないのかな?って思うくらいです。

冬休み明けで久しぶりに会う友達といろんな話をしながら登校している子供たちの姿を見るとなんだかこちらまで気分爽快になってきます。

看護師の仕事は大変だけど出勤前にこんな光景を見て出勤できるのって私ってもしかして幸せ者?なんて一人でニンマリしちゃいます。

きっと子供たちはお年玉いくらもらったかとか冬休み中にどこに遊びに行ったかとか...そんな話をしているんでしょうね。

私も小さな頃こんな風にしていたのかなぁ...。

 

寒さが身にしみる通勤

最近めっきり寒くなってきましたね。

海岸沿いの病院に勤務しているとなおさら寒さが身にしみちゃいます。

この時期になると毎年おんなじこと言っている気がするんだけどね。

夏は心地よい風でいい香りなんだけど冬になるとこんな場所で働くんじゃなかった...って思うんだよね。

もちろん院内は冷暖房があるから快適な温度ではあるんだけど一歩外に出るとすごいです。

寒さに強い人だったら全然平気なのかもしれないけど私はあんまり好きじゃないからねぇ...。

それでも今年の冬は暖冬だっていっているからそれを信じている私。

でもでも、すでにあったかいブルゾンにブーツ姿が欠かせません。

今年もまた何か新しい洋服がほしいなって思っているんだけどね。

それか日本酒をクイッと行きたいね。

そういえば、今度新しく来た専門看護師の方の歓迎会がある。

微妙に部屋が違うので、あまり話す機会がなかったので、

今度の歓迎会で話そう!

専門看護師についても聞きたいしね。

そうです!私は専門看護師になりたいのです!

まだ勉強中!

私が目指している専門分野とは少し違うけどね。

冬眠したい看護師

日中はまだまだ暖かいけど朝晩はかなり冷え込むようになってきましたね。

もうすぐ10月も終わり、冬ですねぇ。

海の近くにある病院で働いている私は結構朝の寒さに辛さを覚え始めています。

看護師の仕事だから結構朝の出勤が早くて朝の寒さは...。

朝の気温にあわせて上着を選ぶと早く帰れる日なんかだと暑いです...。

この季節になると毎年熊やカエルのように私も冬眠したい...なんて思っちゃうんだよね。

寒さに弱いからついつい自分に甘いことを考えちゃいます。

だけど私の場合お腹がすいて冬眠なんて絶対無理だろうね...。

まじめに考えると冬眠する動物ってその間中何にも食べずにただただ眠っているだけなんだろうからかなりお腹すくだろうね...。

いったいどんな構造してるんだろう。

 

寒い季節が...

海岸沿いの病院勤めがすがすがしいと思える季節が終わっちゃいました。

これからはどんどん寒くなってくるんですよねぇ...。

看護師になって一番嫌いな季節が冬かもしれません。

もともとそんなに寒さに強いわけじゃない私だけど海が近いとどうしても寒さが...。

通勤にはオシャレな服装なんてまったく気にもせずただひたすら防寒重視です!

さすがに院内にいる時はそんなに寒さを感じないんだけどね。

夏はとっても気持ちがよかったのに...そんな風に考えると気持ちのいい季節ってほんのわずかしかないんだよね。

もしもいつの日か転職することがあったら今度は海に遠いところに行きたいな...なんて思っちゃいます。

まだまだしばらくはそんな予定ないんだけどね!

命を大切に...

毎日暑い日がこれでもかってくらい続いていますね。

だけど今年は早い時期から台風の発生があってなんだか変な感じですよね。

梅雨が明けたというのに台風の影響なのか長雨でじとじとしています。

私の働いているびょうんは海岸沿いだから本当は毎年今の時期すごく周辺に人が集まってきているんだけど今年は例年に比べてかなり少ないかな...。

台風発生だったり雨だったりで...なんだかちょっと寂しい夏って感じだね。

まぁ海を見ながらまったりと仕事...なんて看護師の仕事は甘くないんだけどね。

それでも仕事帰りに少し足を伸ばしてそんな周辺を眺めるのが好きなんだよねぇ。

だけど今年も水の事故が各地で多発していますよね。

海水浴やキャンプ...楽しいことが盛りだくさんの夏だけど事故には気をつけたいよね。

看護師を扱った小説

今、私は天童荒太さんの「永遠の仔」を読んでいます。
全部で5巻に渡る長編小説なのですが、内容の深さや謎への好奇心で一気に読み進められてしまいました。
主人公の優希は、老年科病棟の看護師をしているのですが、過去に大きなトラウマを抱えながら生きている女性。
それを支えようともがく、2人の幼馴染の男の話です。
この小説ではアルツハイマーや痴呆のある老人の話がよく出てきます。
看護の仕事の内容にも多く触れられていて、本当に厳しくて忍耐の必要な仕事だろうと感じました。
とにかく、患者の話に付き合うことや、母親のように安心させるような対応をする必要があるのです。
中には看護師の優希を本当の母親と勘違いし「おかあちゃん」と呼んで甘えたり、慕う患者の様子も描かれています。
もちろん他の科の看護師の仕事内容はもっと違うのかもしれませんが、看護師としてどのように患者に尽くすことが大事なのかを垣間見られた気がします。
主人公の看護師は不自由な生き方をしているので、理想通りにはいかないことも多い。
しかしこの、看護の仕事をしているからこそ心の安定を保てていた部分もあるのでしょう。
小説の本質的なメッセージは別にあるのですが、看護現場の様子についても感銘を受けた作品です。
別の知り合いで美容外科の看護師がいるんですが同じ看護師でもまるで別世界でした。

「卒婚」どう思う??

最近流行りつつある「卒婚」、みんなはどんな風に思いますか?

タレントの清水アキラさん、俳優の加山雄三さんが卒婚を発表してますよね。

夫婦が夫婦であることをやめる?!

夫婦でありながら一緒の家に住み、同じ生活をすることをやめる...。

私はそんな風になりたくないって思っちゃいます。

もちろんお金があるからそういうことが出来るわけだろうけど、私はかりにお金があったとしてもそんな生活をするのは嫌だな...。

この間看護師仲間とそういう話題になって結構いろいろ議論しちゃったんだけど私と同じ意見の人って結構少ないことにビックリ。

いろいろな考え方の人がいるからどれが正解だとかどれが間違ってるなんてことはないんだろうけどね...。

 

 

 

薬剤師になってからも日々勉強

薬剤師になってから3年が経ちますが、毎日学ぶことが多く、日々勉強だなと実感します。
将来的には企業薬剤師の求人に応募したいから勉強していかないといけません。
学生の頃は勉強が嫌いでしたが、薬剤師になった今は自分の中に知識が蓄えられるのが楽しくて、暇があれば本を開くようになりました。
私は製薬会社の薬剤師として勤務しているのですが、新薬の開発などに追われて、会社で寝泊まりすることも少なくありません。
彼氏と同じ会社で薬剤師として同じチームにいるので、さみしくはないのですが・・・。
たまにのんびりとデートに行きたいな~と思います。
水族館とか美術館とかをのんびりとまわりたいです。
映画も久しく見ていないので、映画館に行くのもいいな~。
カラオケは私音痴なのであまり行きたくないな。
行くとしたらヒトカラがいいです。
下手な歌を聞かせて幻滅されたくはないですので(笑)
ヒトカラは選曲も自由にできますしね。
人と一緒だと昔流行った歌などを選ばなくてはいけませんが、ヒトカラだとインデーズのバンドの曲なども歌い放題ですし。
あ~。ヒトカラ行きたくなってきた。
デートも行きたいですが、今はヒトカラで思いっきり歌ってストレス発散したいです。
来週休み取れたら久々に2時間くらいヒトカラいこうかな~。
それか会社帰りか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク