2018年1月アーカイブ

そういうドラマだったのか。

ガイコクのドラマを途中まで見ていて、さっぱり分からないなこのドラマ、、、
って思っていたのですが、ネタバレしてるのを見つけて読んでしまいました。

そういうドラマだったのか、という感じ。

つまらない?
そんなことないです、見るのが楽しみになりました。
複雑でね、分かりにくいのですよ。

ニュージーランドでの少女失踪事件から4年、シドニーに拠点を移したロビンは
ボンダイビーチでスーツケースの中から
なんと、、、アジア人の若い女性の遺体が発見された事件を担当することになった。

ロビンはミランダ(巡査)と共に事件の捜査を進める一方で、
彼女が16歳の時に手放した娘メアリーと会いメアリーが
かなり年上の売春宿にかかわっている男性と交際していることを知る。

という、ここまでを映像で見ても複雑でしたよーー。

さらに複雑になっていくのかとドキドキしてました。
でも、なんとなくわかったのであとは安心して見る事ができると思うのです。
ネタバレもときにはいいね。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。