2018年10月アーカイブ

懺悔の言葉

かのオウム死刑囚らの死刑執行が7月に終わっています。
これで終わった、とするか、まだ終わっていない、とするか分かれるところですが、
彼らのなかには懺悔のことばをいう人もいたんですよね。

もともと懺悔はしてた人もいるのですが、最後になって行った言葉もあるとか。

死刑囚の奥さん、というのもいて(獄中結婚してるんですねー)、
施行当日はなんと「今日施行かもしれない」って知らせを受けてるんですって。

あれって、施工されてから「されました」って言われるって聞いていたのでちょっとこれは(本当だとしたら)びっくりです。

映画「グリーン・マイル」とか思い出してしまう。
緑色の廊下なのでそう名付けられたのですが、
それぞれに刑務所の老化はどんな色だったのか。

二度目の死刑は、最初の7人が施行されたのを残りの6名は知っているので、
次は自分だ、次は自分だ、、、っていう恐怖感でおかしくなる前にしたのですって。

よいかどうかは別ですが。確かにそんな状態でずっといるのは残酷ですよねー。

この事件はまだ終わっていないと思うけど、ひとつの区切りにはなったようです。

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。