2番目はお嫌

メーガンは、王室において「2番目が耐えられなかった」ともいわれています。
でもそれって無理でしょ、、一生次男の嫁は次男の嫁ですよ。
アメリカ人にはそれも分からないのか。
嫌味ではなく、王室も皇室もないアメリカでは理解できないのかな、って思って。
理解しようともしない?
自分は一番前でいるべき?
そういうところがイギリス人ならびにアメリカ人に受け入れられないんでしょ、キャサリン妃の人気は、
たんに将来のキングの奥様、クイーンになるから、ではなく、キャサリン妃の性格によるもの。
それを落とそうとしていろいろな事を本で暴露したんだろうけど、あまり効果はなかったようじゃないか。
誰もが分かっているし、誰もが嫌いですよね、メーガンって。
だいたいヘンリー王子も情けない。
今後は見守りますが、いいとこどりだけしてる。

ヘンリーはしょうがない、何も知らないお坊ちゃまなのだ。
そこをついてコントロールしてるのが」メーガンで、そう思われてもしょうがないことをしてるんですよ。
2番目が嫌ならヘンリーを選んではいけない。
他の国の王子を狙うべきでしたねーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、かなこが2020年12月 1日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンギンも暑いんだね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。